越後妻有
大地の芸術祭

越後妻有
アートトリエンナーレ
大地の芸術祭

2000年に初開催され、
3年に1度新しい作品が生まれます。

この田舎の地域の良さを、
芸術で表現しようという試み。

「里山」と「現代アート」という、
ちょっと合わないのではないかと思われますが、 それは見ていただいてからのお楽しみ。

作品は、
十日町市、津南町のいたるところ、
300点以上あります。

1日では回りきれませんね。

廃校や古民家を利用し、
海外のアーティストが如何に作品を作るのか。

ふくずみには2006年の第3回目に、
ボルタンスキーさんと
ジャン・カルマンさんが泊られ、
「最後の教室」を完成されました。

すばらしい作品ですよ。


昼食

 大地の芸術祭は作品が広範囲に点在していますので、見て回るのに時間がかかります。 あらかじめ見る作品やルートを決めて行ったほうがいいですね。 山の中ですと、昼食を食べれられるところがまったくない場合があります。 結局コンビニまで戻って買うというのもどうでしょうか。

 そのため、昼食をどこで食べるかを最初に決めたほうがいいです。 そうすると午前中と午後のコースが決められますね。 せっかくの大地の芸術祭、地元のお店や芸術作品の中で食べたい人が多いでしょう。

うぶすなの家

うぶすなの家

 十日町下条エリア。山の中にある人気の作品。団体バスが来ると込み合います。

Hachi Cafe

Hachi Cafe

 十日町エリア。人気の作品「絵本と木の実の美術館」に入っているカフェ。


イベント

 作品を見て回るだけではなく、イベントも開催されています。 芸術祭の開催中はもちろんですが、開催期間以外でも季節によって定期的にイベントが行われます。 冬は雪国ならではなので、大地の芸術祭の真骨頂でしょう。

越後妻有 雪花火

越後妻有 雪花火

 川西エリア。ナカゴグリーンパークで行われる、光の芸術。

雪の運動会

雪の運動会

 松代エリア。農舞台で行われる、アーティストや地元民の運動会。


光の館

光の館

 川西エリア。宿泊施設としても人気。

キナーレ

越後妻有里山現代美術館キナーレ

 十日町エリア。大地の芸術祭の中心となる建物。定期的に企画展を開催。

キョロロ

森の学校 キョロロ

 松之山エリア。里山の動植物について詳しく、お子様に人気な科学館。


facebook

大地の芸術祭2012

 大地の芸術祭2012は結構回りましたので、facebookにアルバムを作りました。

4時間コース

4時間コース

 キョロロ、キナーレ、光の館、絵本と木の実の美術館を回ったコースです。